目の疲れとの違い

目の疲れ

近年増加しているのは

最近では目の疲れからくる身体的症状が増えています。それというのも、パソコンなどの液晶画面をずっと見続けることが多くなっているというのが原因のひとつと考えられます。疲れ目には2種類あると言われています。その2種類とは、「眼疲労」と「眼精疲労」です。よく似ているので言い方が違う同じものだと思いがちですが、実は症状の重さが全く違ったものです。眼疲労のほうは、一般的に言う疲れ目で自分で休養することで自然と解消します。それと比べて、眼精疲労にまでなってしまうと、頭痛や肩こりといった身体的な症状が出てきて、生活環境を変えたりしないと慢性的に繰り返されてしまい、なかなか治りません。二つの違いは、軽度と重度ということです。

改善する方法

眼精疲労になってしまうと、慢性的な症状が出てきます。そこから目の病気を引き起こすこともあるので怖いですが、仕事でパソコンを使っている場合は、眼精疲労に効果があるといわれているサプリメントを服用するのがおすすめです。最近注目されているサプリメントで、ルテインというものがあります。カロテノイドという天然色素の一種で、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。このルテインには、ブルーライトという液晶テレビやパソコンの画面から出る目の細胞にダメージを与えやすいといわれている人工光を吸収する性質もあります。その他には、ブルーベリーやカシスなどに含まれて有名になった天然色素の、アントシアニンもあります。